家の設計は、良く考えて

私の家は、設計から両親と共に関わりました。

建築関係は父が詳しかったので、父に任せ、母は家の設備やデザインを主に担当しました。
私にも色々相談されましたが、私の意見は家が出来上がって住んだ後に失敗したなと思うことが出てきました。

一階に、リビングと和室、風呂トイレがあります。建築当時は若くて元気だったので、二階にトイレはいらないと言ってしまいました。20年以上経った現在、時々膝が痛くて階段の登り降りが辛いです。2階で寝て、一階は客間にしたいのですが、夜間のトイレの回数も増えて、一階で寝起きしています。あー、あの時、二階にトイレがいらないってなんで言ってしまったのか後悔先にたたずです。

次に見落としたのはベランダです。あくまでも個人的な意見ですが、ベランダは鉄格子みたいなのが良かったかなと思いました。
見た感じは全部壁なのが綺麗なのかもしれませんが、大雨や洪水で、排水溝が詰まれば、家の中が水浸しになってしまいます。マメにベランダの掃除をすれば良いのですが、掃除をしても虫とか葉っぱが詰まらないか気になります。

家の設計は、将来のことも見据え、自分の性格も見据え、じっくり考えて、快適な家での生活としたいものです。