一戸建ては日本建築で建てたい

最近は西洋風の一戸建ての家が増えてきていて、輸入住宅といったものも多くなってきていますが、やはり和にこだわった日本建築が良いと思う人も少なくありません。日本建築は日本の風土や気候に合わせて確立されたものであり、やはり日本にはぴったりの建築なのは間違いありません。室内の和室の障子や襖、畳といったものは、調湿機能があったり、空気を綺麗にするといった役割、湿気が多い日本には、こうした建具があると、カビにくいし、家の中は清潔な雰囲気になります。

また日本建築の庭には黒松が美しく剪定されており、廊下から見えるそのような景色を見ると心が落ち着くという人は多いです。特に高齢者は、そのような家での暮らしに慣れており、いきなりの西洋式には戸惑いを感じてしまうかもしれません。日本建築での一戸建て注文住宅は、一般的に費用が高くなりやすいですが、それでも土壁の家や瓦、伝統的な建具を使用した家づくりは、とても良いものです。