街にこだわり家を買いました

私は都内のある人気の高い街に家を購入しました。一戸建てだっためかなりお金がかかりましたが、悔いはありません。私はずっと、この街に家を建てて暮らしたいという夢があったからです。学生時代に過ごした大学がある街で、このころからずっとこの街で住むことに憧れていました。当時は自宅から電車で通っていたのですが、大人になったらこの街に住もうと決めていました。ただし学生の頃から人気だった待ちの地価はどんどん値上がりし、一戸建てを購入するのが厳しいほどになっていました。しかし私はあきらめず、どんなに狭くてもいいから、この街に一戸建てを建てようという思いを実現しました。いわゆる狭小住宅で、とても狭い家ですが、私にとっては王宮のように感じる素敵な家です。私は狭くても街を優先したいタイプでしたので、その希望が叶って本望です。この家と、この街で人生を過ごしていき、年老いて行くのが今から楽しみです。私のように「街」にこだわって家さがしをするのも悪くないのではないでしょうか。